高齢者福祉・介護、子育て支援、保育・教育施設への出張型アート・ワークショップ

趣旨とスタッフ

  • HOME »
  • 趣旨とスタッフ

『Open Hearts Art Project』 オープン・ハート・アート プロジェクト
学校・幼稚園・保育園・学童・高齢者福祉施設・地域交流施設への出張型アート・ワークショップ事業

趣 旨

アートの持つ社会的な力に着眼し、人びとの生きる力を高め、共生社会の形成に向けたインクルーシブな社会の実現を目指します。
「アートの社会的な力」と「アートと社会をつなぐ」という理念のもと課題に向けた様々なプロジェクトで、アートを通した新たな交流の場の創造を推進しています。

  1. アートワークショップや表現やコミュニケーションに関する「教育」プログラムを展開することで、地域の未来を担う子どもや若者を育成する。
  2. アート活動を通して、環境保全を考え、環境にできるだけ負荷を与えず、かつ安心・安全・安定した生活を、世代を越えて追求し続けられる身近な暮らしの場づくりをする。
  3. アート活動を通して、「そこに住む人が生きがいを持ち、地域の営みが自然に寄り添う身近な暮らしの場づくり「サスティナブルコミュニティ」を実践する。

スタッフ紹介

yoko2

代表: 栃木ようこ 
(ワークショップ・アーティスト、デザイナー、自然環境教育指導)
横浜造形研究所 代表理事、伊豆 ユネス コクラブ 幹事、
日本発達心理学会 会員
公益財団法人日本生態系協会こども環境管理士(環境省)
神奈川県ガイドヘルパー養成研修事業 知的ガイドヘルパー養成課程修了
レクリエーション介護士(社団法人 日本アクティブコミュニティ協会)
造形美術と教育心理学、発達心理学が専攻。デザイナーのかたわら幼児の能力開発、学習指導、造形指導を行う。自然環境の大切さを子供達に伝える為のフィールドワークを実施しています。

2013年より子育て・福祉の抱える課題の解決を図る為の社会活動を地域で開始。幼児から高齢者まで、認知症の高齢者支援、発達障害児と母親の支援、介護者支援、乳幼児を持つ親子にアートを通じた活動を行っております。


hiroko

副代表: 丹沢裕子(ペーパーイラストレター・クラフト コラージュ作家・絵本作家)
北海道富良野の作家・倉本聰氏プロデュースによる 新富良野プリンスホテル ニングルテラスにてオリジナルペーパーショップ『ペーパーワークの家』代表

和紙をはじめとする紙素材、自然素材を中心にペーパーイラストを独自の手法で製作。視覚障害方のお子様も楽しめる点字絵本 「ふらのの風になって」を出版。小さな子供からお年寄りまで楽しめる和紙の貼り絵のワークショップが人気。


take

監 査: 加瀬優子(ワークショップ・デザイナー グラフィックデザイナー)
二児の母。貝をモチーフとした作家。絵本の読み聞かせや児童文学の研究。 発達障害の子を持つ母の会の支援活動を行う。2016年青山学院大学・社会情報プログラムのワークショップデザイナーの資格を取得。


chyako

監 査: 横石久子(グラフィックデザイナー)
二児の母。フリーのグラフィックデザイナーとして幅広い分野の制作を経験。その後メーカー海外事業部にてパッケージデザイン等を担当。現在、カリグラフィーを勉強中。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.